映画トラックバック劇場がリニューアルオープン!!
人気blogランキングに参加中!
ランキングが上がれば、より多くのblogに出会えます!
ご協力お願いします。⇒ 人気blogランキング


2004年11月06日

血と骨 (2004/11/06公開)

chitohone

【監 督】
崔洋一
【出 演】
ビートたけし/鈴木京香/新井浩文/田畑智子/オダギリジョー/松重豊/濱田マリ/中村優子/北村一輝/柏原収史/寺島進
【製作国】
日 本
【ジャンル】
ヒューマン
【ストーリー】
1923年。成功を夢見て祖国から大阪へ渡った少年・金俊平。朝鮮人集落での裸一貫の船出から、持ち前の腕力と上昇志向で自分の蒲鉾工場を構えるまでにのし上がった俊平だが、並外れた凶暴さと強欲さで悪名も高く、家族までがその存在を怖れていた。俊平の息子・正雄は、父を「頭のおかしいオッサン」と軽蔑しつつ、その巨大さに憧憬とも畏怖ともつかない感情を抱く。そんな折、俊平の息子を名乗る武という青年が現れ、金家に転がり込んで好き勝手に暮らし始める。俊平の存在にびくともしない武の姿に、正雄は羨望の眼差しを注ぐが…。  (goo映画より引用)



★★★「血と骨」についての一言コメント募集中!★★★

★★★「血と骨」のトラックバックはこちら★★★
posted by GIO at 00:00| Comment(0) | TrackBack(9) | タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画誌「キネマ旬報」、04年度のベストテン作品と個人賞を発表
Excerpt: 映画誌「キネマ旬報」、04年度のベストテン作品と個人賞を発表 【日本映画】 (1)誰も知らない (2)血と骨 (3)下妻物語 (4)父と暮せば (5)隠し剣 鬼の爪 (6)理由 (7)..
Weblog: 子猫のおなかは魚でいっぱい
Tracked: 2005-01-16 23:34

[映画]血と骨
Excerpt:  オダギリジョー、鈴木京香、田畑智子、唯野未歩子、新井浩文と僕の好感度の高い役者がいっぱい出てる。それだけでかなり面白かった。かなり、渋い配役ですな。  金俊平のこんな奴いるのかっていう突き抜けっぷ..
Weblog: 映画と日々の戯言
Tracked: 2005-01-18 02:42

血と骨
Excerpt: 崔 洋一監督、ビートたけし主演、の映画でした。 今回のビートたけしは監督業はせず、役者に専念するとの事でしたが、物凄い迫力の映画でした。見ていて鬼気迫る物があるなあと思います。演出もたけしは口出しせ..
Weblog: FOR BRILLIANT FUTURE
Tracked: 2005-01-26 23:19

「血と骨」→滝沢
Excerpt: やっと「血と骨」観ました。 「パッチギ!」同様、北朝鮮に帰るかどうかという話が出てきますが、北朝鮮のその後を何となく我々は知ってるだけに、希望を持って北に行く人たちの姿に切なくなります。 久々..
Weblog: 映画監督 小出正之's blog
Tracked: 2005-03-26 03:01

血と骨
Excerpt:  梁 石日(ヤン ソギル)原作の映画化 済州島から大阪に渡ってきた金 俊平の激しい生涯を描く人間ドラマ
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-04-07 12:50

血と骨
Excerpt: 血と骨1923年、祖国・朝鮮の斉州島を離れて日本の大阪に渡ってきた金俊平(ビート...
Weblog: Tomi-Log
Tracked: 2005-05-05 23:58

血と骨
Excerpt: 血と骨1923年、祖国・朝鮮の斉州島を離れて日本の大阪に渡ってきた金俊平(ビート...
Weblog: Tomi-Log
Tracked: 2005-05-05 23:58

「血と骨」
Excerpt: “人間の皮を被ったライオンのような人”金俊平を見ていて、私はそう思いました。《作品内容》1923年、出稼ぎの為に済州島から大阪へと渡ってきた金俊平。蒲鉾工場で働き始めるも差別や劣悪な労働条件に嫌気が差..
Weblog: Cinemania 〜ムム's selection〜
Tracked: 2005-07-16 23:20

映画監督の崔洋一さんが登場!【1/5】7'16''
Excerpt: 映画監督の崔洋一さんがポートサイドステーションに登場! 山形国際ドキュメンタリー映画祭のインターナショナル・コンペティションで審査委員長を務めた崔洋一さんにお話を聞くことができました。 イン..
Weblog: 山形国際ドキュメンタリー映画祭 応援番組
Tracked: 2005-10-31 13:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。